自動車保険 はインターネットが断然お得!
車検攻略navi トップページ自動車保険はネットがお得! 高額査定を狙うなら →
自動車保険で節約!
【carview】自動車保険一括見積り
自動車保険は比べて選ぶのが当り前!! カービューの自動車保険なら 最大9社に一括見積り依頼が可能、より安く、より安心な保険、見つけてください 
carview.co.jp

自動車保険の一括見積もり『保険イロイロ.com』
ガリバーの新サービス『自動車保険の一括見積もり』!国内大手5社、大手ダイレクト系6社の人気保険会社をずらっと取り揃え、 たった一回の入力で、最大11社見積もり請求が可能です。
www.hoken1616.com

保険の窓口 インズウェブで自動車保険の見積り!
SBIホールディングスが運営している自動車保険一括見積りサイト!自動車保険の見積りを最大20社にまとめてお見積り請求できます。 
insweb.co.jp

代理店任せで保険に加入していませんか?
 自動車にかかる費用の中でユーザーに大きな負担となっているのが、「車検整備費用」 「自動車保険料」 「税金」 ではないでしょうか?

 中でも、
「自動車保険料」は1年更新の掛け捨 商品です。 

 ひと昔前まで自動車保険というと、どの損保会社で契約しても金額が同じで、どこの損保会社を利用しても差がありませんでした。


 しかし、
今どきの自動車保険は違います

 保障金額が同じでも、損保会社によって金額が変わっていたり、サービスに違いが出ています。

 また、同じ損保会社でありながら、従来型保険とインターネットでユーザーが直接加入するダイレクト保険とでは保険料もサービスも違います。


 そう、
自動車保険は自己責任で選ぶ時代 なのです。



 自動車保険について正しい知識を身に付け、あなたに合った自動車保険を選らんで下さい。


 ※従来型の自動車保険はみなさんご存知だと思いますので、このページでは、これからの主流になるであろう 「ダイレクト保険」を中心に説明いたします。
 

 ダイレクト保険とは?

 その名前の通り、ユーザーが直接加入できる自動車保険 を指します。

 従来型の保険(代理店経由の加入)と違い、ユーザーが直接損保会社と契約をしますから同じ保障金額の保険に加入しても料金が安くあげられます。

 ダイレクト保険はなぜ安いか?

 ダイレクト保険に限らず、株取引なら「オンライントレード」、銀行なら「オンラインバンキング」とインターネットを活用したサービスは直接ユーザーが取引しますので、今まで主流だった対面販売とは違い、そこに「人」 を必要としなくなりました。

 会社にとっては 「人=コスト」 ですから、コストが掛からないダイレクト保険は一般的に保険料が安くなるわけです。

 従来型の保険とダイレクト保険でサービスが違う?

 一般的に 「金額が安いとサービスが悪い」 と思われがちですが、それは大間違いです。

 わたしの経験から言いますと、保険会社による対応の違いは多少感じるところはありますが、従来型の自動車保険とダイレクト保険とでサービスの違いはありません。


 代理店のメリットで何でしょう?

 「事故ったときに現場に急行してくれる?」・・・・・・・・きてくれません

 「事故対応のアドバイスをしてくれるから」・・・・・・・・直接、損保会社でも親切に対応してくれます

 大きく気になる点といえばこの二つくらいではないでしょうか。


 
心配する必要は無い と思われます。

 ダイレクト保険のデメリット

 一言で言うなら、
全ての決定を「自己責任で行なわなければならない。ということでしょう。

 自動車保険は金融庁が定める九つの要因によって保険会社が独自に保険料を設定しています。
  
 【九つの要因】 年齢、性別、運転歴、使用目的、使用状況、車種、安全装置、所有台数、地域


 代理店での加入ならば、アドバイスをもらいつつ自分に合った自動車保険を選ぶことが出来ますが、ダイレクト保険の場合、全てを自分で決める必要があります。


 もう一点あげるとすれば、

 これは特に外資系の保険会社に当てはまるかもしれませんが、ダイレクト取引で出来るだけコストをカットしているためスタッフ数が少ない。結果、事故調査等の業務をアウトソーシング(外注)しているので事故調査がスムーズに行かない等が考えられます。

 従来型保険のデメリット

 従来型の保険のメリットとしては、「保険加入時にアドバイスしてもらえる」 点が上げられます。

 しかし、実はそのアドバイスというのは表裏一体というか代理店の利益に関わってくるので、本当に適切なアドバイスとなっているかどうかが微妙です(笑)。

 代理店は、新規契約にしろ継続契約にしろユーザーに加入して頂いた
保険金額の○%が報酬として保険会社から代理店に支払われます。

 つまり、金額の大きい保険に入ってもらえれば、代理店に支払われる報酬もUPするワケです。

 となると、代理店が勧めてくれる保険が場合によっては 「手厚すぎる立派な保険」となっている恐れも十分に考えられませんか?

 結局のところ、ユーザー自身の勉強は不可欠になってきますね。


それでは、ここからが本題!

あなたに合った自動車保険の見つけ方の手順を紹介します

1、まずは各社の保険料を比較してみましょう。
   一回の入力で数社からまとめて見積もりが取れます。勿論無料です。

2、選んだ保険を詳しく研究!
   不明な点は直接メールで問い合わせ。あなたの不安を解消しましょう これも無料

3、あなたに合った保険は見つかりましたか?
   ただ、これで終わりではありません。
 ここで見積りした自動車保険を元に、従来型の保険と比較をしてみて下さい。

 ダイレクト保険は全ての方は格安になるワケではありません。

 年齢条件の極端に若い方や事故歴が多い方などは、場合によっては従来型の自動車保険をご利用したほうが安いケースも考えられます。


 ネットで取り寄せた見積りを資料にして、代理店の薦めてくる保険が同額程度なら従来通り代理店を利用したほうが安心感が得られます。

 あまりにも代理店が勧める保険が高ければ、ネットで見積りした保険と比較して、「なぜ高いのか」 「そんなに高い保障が本当に必要なのか」を代理店に追求して下さい。

 納得できる説明が出来るかどうか。信頼出来る代理店かどうかに見極めが可能になります。


最後に一言

自動車保険は自己責任で選ぶ時代

人任せの保険が一番危険だとわたしは考えます



HOME | SITEMAP
Copyright(C)2004-2006 Autonet. All Rights Reserved.