リスク細分型保険であなたの保険代が節約出来ます【保険攻略navi】

スポンサードリンク

自動車の保険 自賠責保険 任意保険 リスク細分型保険 車検攻略navi top

おすすめサイト

保険一括見積り

120x60_キャンペーンバナー

保険会社サイト

アクサ損害保険
三井ダイレクト損保
 2005年4月より、自賠責保険が値上がりました。

今年に入って、自動車リサイクル法の施([1月)、自賠責保険の値上げ(4月)と自動車に掛かる経費が急上昇!!

                   取るべき 
自衛策は保険の見直し です。

 step2  リスク細分型保険(ダイレクト自動車保険)

 
リスク細分型保険

 従来型の自動車保険をより細かく区分け。それにリスクや特約などの条件で制限を加えることにより、保険料を引き下げている保険です。


 簡単にいえば、

 「余計な部分を削除し、制限を加えることにより、必要な部分だけを補償していきましょう、という極めて合理的な保険」 です。



従来型と共通 細分型

その1 ドライバー条件で安く!
無事故割引で安く

 無事故(保険を使わない)であれば、等級が上がり保険料が割引になり、逆に事故を起こして保険を使用すれば、等級が下がり保険料が割増になっていきます。


年齢条件で安く

 ドライバーの年齢条件を「全年齢」「21歳未満」「26歳未満」「30歳未満」と区分けして、年齢が高い程保険料は安くなります。
 
それに家族限定(本人と同居の家族)を付け加えることにより、さらに保険料を安くする手段もあります。
その2 クルマの使い方で安く!
 年間の走行距離から保険料を算出。 当然、走行距離が少ない人に方が保険料が安くなります。 ただし、契約距離が途中で超えそうなときには必ず保険会社に連絡し、超過料金を支払う場合があります。 逆に契約距離よりも(走行距離が)少ない場合には保険額が返金されることもあります。
その3 インターネットで安く!
リスク細分型は、代理店を介さず、電話やインターネットによる直接取引(ダイレクト方式)をすることにより中間マージンを大幅にカットしています。 ですから、従来型の自動車保険に比べて30〜40%近くも保険料ダウンを可能になるわけです。新規契約はもちろん、継続もインターネットを使うと割引になるケースもあり、保険ダイエットの重要なツールになっています。
その4 安全装備で安く!
 最近のクルマは標準装備で、「エアバック」「ABS」など安全装備が充実しています。 安全装備が装着されているクルマほど危険回避能力が上がり、衝突した場合でも損害を最小限に抑えることにもつながります。

 こうしたことから、
安全装備を装着したクルマほど保険料は安くなります。
その5 新車割引で安く!
 「新車に乗るドライバーは慎重に運転する」データーから生まれた割引制度です。

 
新車登録から25ヶ月以内であれば契約期間に応じて割引が適用されます。 また、中古車でも初年度登録から25ヶ月以内なら新車としての見なされますので、割引の対象となります。
 
その6 エコロジーカーで安く!
 ハイブリッド車、電気自動車は、自動車税も優遇されていますが自動車保険も 「エコカー割引」が定着しています。

 しかも、これまでハイブリッド車や電気自動車などを対象とされてきまいたが、一部にの保険会社で新たに「低燃費車」「排ガス対策車」をクリアしている環境対象車にも適用するところもあります。

自動車の保険 自賠責保険 任意保険 リスク細分型保険 車検攻略navi top

Copyright(C)2004-2006 Autonet. All Rights Reserved.