自動車リサイクル法
HOME
スポンサードリンク

自動車リサイクル法

自動車リサイクル法とは? 自動車リサイクル法は、使用済み自動車を適正に処理し、資源の再利用とゴミ
を減らす目的で作られた法律です。
クルマの所有者、自動車会社や輸入事業者、関連事業者のそれぞれに役割が
定められています。
どうして自動車リサイクル法が
必要なのか?
現在、年間約400万台ものクルマが廃車にされています。その80%はリサイクル
されていますが、残りの約20%はシュレッダーダストとして主に埋め立て処分さ
れています。しかし、これまでのリサイクルシステムがうまく働かなくなってきたこ
とから、自動車リサイクル法が作られました。
どうしてクルマの所有者が負担するのか? リサイクル料金は、廃車となった車から発生するシュレッダーダストや、そのまま
放置すれば環境に有害なフロン類、エアーバック類のリサイクルや適し処理に
使われます。
 また、一部はリサイクル料金の管理や、廃車の情報管理にも使われます。大切
な地球環境を守るため、クルマの所有者の役割として、必要な料金であることを
ご理解ください。
いつ、どこに支払うのか? 2005年1月以降 新車を購入するとき(1月登録分から)に自動車販売会社に
支払います。
 今お乗りのクルマは車検の時に、または廃車の時に支払います。

 ※ 自動車販売会社は、預かったリサイクル料金を(財)自動車リサイクル促進センターに預託する。
下取の時のリサイクル料金は
どうなるのか?
 1.中古車として下取される場合には、リサイクル料金相当額は払い戻しされ
  ます。
 2.廃車の場合には、リサイクル料金をお支払いいただきます。

 ※ 支払済の場合に限り、資金管理料金を除いたリサイクル料金が払い戻しされます。
自動車リサイクルシステム 環境省オンライン広報
 各メーカー「自動車リサイクル法」のページ
トヨタ 日産 ホンダ マツダ
三菱 スズキ スバル ダイハツ
HOME


Copyright(C)2004 Autonet. All Rights Reserved.