車検 は「検査」。「整備」とは別モノです。検査だけでは不十分です!
車検攻略navi トップページ 車検 の基礎知識 高額査定を狙うなら →
車検 コンテンツ
車検 とは?
車検 代の内訳
車検 の検査内容
車検 の種類
車検 選び
車検 の交渉テク
E-mail
車検 とは? 車検 代の内訳 車検 の検査内容 車検 の種類 車検 選び
スポンサードリンク

車検 は「保安基準」に適合しているかどうかの「検査」です!

車検 とは?

 「車検」を正確に説明すると、「道路運送車両法」で定められている「保安基準」に適合しているかどうかの車のことをいいます。

 ですから、「ユーザー車検」(自分で陸運支局に持込んで検査を受ける方法)が本来、法律で意味するところの「車検」を言いえていることになります。
 しかしながら一般的には、ディーラーや民間車検場で行われている点検付車検の事を指して「車検」と呼んでいる事が多いのではないでしょうか。

 法改正前は検査前の整備を行わないと検査が受けられませんでした。しかし、改正後は 「点検整備は検査の前後を問わない」 と言う一文が追加されました。 この一文があると無いとでは大違い。 

 これにより、 「車検前に整備を行わずとも検査を受けることが可能」 となりました。

 ただ車検はあくまでも、「検査した時点でのクルマのコンディションが保安基準に適合しているかどうか」の検査ですので、その後のクルマの安全性や快適性を保証するものではありません。

 そういう観点で考えますと、点検付き車検がスタンダードであるべき、だとわたしは考えます。
 

 
【辛口トーク】
 自動車整備事業者は、自ら “先に検査(車検)を済ませてから整備しても良いんですよ” とは説明しません。 車検後安心してクルマを乗るためには適切なメンテナンス(定期交換部品の交換や各部の調整など)の必要があるからです。 プラス収益拡大(台当たり単価を稼ぐため)というユーザーには言いづらい本音もあるかもしれませんが・・・(笑)。

なぜ 車検 が必要なんでしょう?

 クルマを長く使用していると、だんだん見えない部分が消耗してきたり、経年劣化してくる部分があります。そのままの状態で使用し続けると「保安基準」に適合しなくなることがあります。またはエンジンやブレーキなど重要な部分にトラブルが発生している場合には、運転している人ばかりではなく、周囲の方にも迷惑をかける事にもなり非常に危険です。

 そこで、定期的に検査(車検)をすることで、「保安基準」との適合性を確認しているのです。自動車の構造・装置を定期的にチェックすることで自動車の安全を確保、大気汚染の予防、円滑な道路交通の確保と省エネルギー化を維持する目的で「車検」が設けられています。



 ■ じつは実話 ■

 みなさん、エンジンオイルってまめに交換してますか? これはバンとかトラックに乗っている方(会社のクルマ)に多いのですが、オイルを2万km以上も無交換のクルマが入庫してくることがあります。
 それも、オイル交換で入庫するのではなくて、「なんか、変な音がしている、、」って感じです(笑)。

 もちろん、エンジンオイルの劣化による潤滑不良です。 もう悲惨としか言いようが無く、だいたいエンジン上部のコンロッドが焼き付いてしまい、カムの部分が異常磨耗してガタガタになって異音を発生しています。
 こうなると、もはやエンジン交換しか方法はありません。

 エンジンオイル交換(3,000円程度)を忘れた代償が、エンジン交換(約40万円、中古エンジンでも20万円は掛かります)  代償は大きいですよ。

車検 って何をするのでしょう?

 述べましたとおり、車検は正確に言うと「検査」の事を指し、「保安基準」に適合するように行う「点検」や交換作業や調整作業といった「整備」とは別ものになります。

 一般的に安いと言われている「ユーザー車検」は点検・整備を行わずに検査だけをするため費用を抑える事が出来るのです。ただし、「検査」時点での適合性は確認されていますが、その後2年間の快適性や安全性を保障するものではありません。

 それに対して、「ディーラー車検」を代表としたサービス工場を利用した車検は検査だけでなく法定点検を実施し、定期的に交換が必要な部品(定期交換部品)を交換したり、日々の使用でだんだんズレてくるエンジン/ブレーキ各部の調整等を実施して、車検後のクルマの安心や快適性を提供してくれます。

 ですから、よほどクルマの知識が深く、自分でメンテナンス出来るヒトでない限り「ユーザー車検」(代行も含む)はお勧めできません。



 ■ よくあるお話 ■

  1995年7月の法律改正後、車検後にメンテナンスを持込んで来るユーザーが多くなりました。 恐らくユーザー車検に出して指摘された部分の整備であったり、自分では手を出せない部分のメンテナンスを依頼するケースだと思います。
 しかし、車検整備を依頼された場合と違い、単体項目の整備となると一般修理扱いとなり、工賃が割高になるケースってほとんどの方がご存知無いようです。

 例えば、検査の結果、フロントブレーキパットの交換などは、
                
                  車検と同時作業だと部品代のみ追加 (約8,000円前後)
                  一般修理だと部品代+工賃が発生  (約20,000円前後)
                                         
                                   の費用の違いがでてしまいます。

 
 これでしたら、すこし上乗せすればプロ(業者)にやってもらえ、もちろん平日にわざわざ休む必要もなかったってことになりますよね。 節約したつもりのユーザー車検が結果的には割高になっている典型的な例です。

 ユーザー車検の落とし穴
 ユーザー車検を受けた方が、検査に引っかかってしまい、あわててそのNGの箇所の整備を依頼してくるケースがあります(オーダー整備)。 働いている方であれば恐らく有給等を使って車検に持込んでいるのでしょう。
 実際ユーザー車検の指南している本などでも、検査は午前中に受けるように指示しています。万が一検査に引っかかった場合でも、NG箇所を整備して再検査が可能になりますから。

 でも、整備工場に持込んでも、整備工場にはその日のスケジュールがありますから、当然、後回しにされてしまいます。 結果、当日中の「再車検」は受けられないことになり、再度、有給をとらなくてはなりません。


 
【辛口トーク】
 オーダー整備を依頼してくるユーザーは、その整備工場にとっては、だいたいが初めてのお客さんか、稀にしかこないお客さん、って事が多い。 そうなると、いきなりきて「すぐやって」って言うのはムシが良すぎと思っていたほうが間違いないでしょう。
 表面上は取り繕っていたとしても、「ユーザー車検」を受けているユーザーは整備業者にとって 「都合のイイときだけくるヒト」 と受け止めているでしょうから、、(笑)。

もし 車検 が切れていると、、?

 そのクルマで公道を走ることは出来ません!

 車検切れのクルマを運転すると道路交通法の処罰の対象となり一発免停!「無車検運行」で違反点数はなんと6点です。もし、以前に免停などの前歴があったら免許取り消しになるほどの重い処分が待っています。

 それプラス、そのままでは公道を走れない訳ですから仮ナンバーが必要であったり、もしくはサービス工場に積載車で引き取りに来てもらったりと余計な手間や出費が発生します。
 車検は期限満了の1ヶ月前から受けられるので早めに手配しましょう!



 ■ じつは実話です ■

 年に数人、ぶっちぎりに車検切れを起しているユーザーが来店します。 勘違いで1年間「車検切れ」気付かずにいたユーザーや、なかには確信犯なヒトもいました。

 それまで事故が無かったのでよいのですが、万が一、ヒトを撥ねてしまったりしたら自賠責保険も切れていますから、それこそ人生の終わりです。 くれぐれもご注意下さい!


 おすすめスポンサードリンク
車検 一括見積もりサービス
ガリバーで車検一括見積り。お近くの車検工場探しから見積り依頼まで簡単に済ませられます。車検攻略の基本です。
shaken.221616.com
 

毎月抽選で60名様に当たる!ホリデー車検!

全国236店舗の実績 「ホリデー車検」  今までの「車検」では、納得できない方にオススメです。
holiday-fc.co.jp 

カンタン約3分のオンライン車査定
車検と決める前に査定をとってみてはいかがですか。本人が思うより高額で買換えのチャンスって事が多いのです。
carview.co.jp

車検 とは? 車検 代の内訳 車検 の検査内容 車検 の種類 車検 選び
HOME | SITE MAP |
Copyright(C)2004 Autonet. All Rights Reserved.
車検攻略navi