車検 (検査)の中味は? 検査はすごく簡素化されてます
車検攻略navi トップページ 車検の検査内容の実態 高額査定を狙うなら →
車検 コンテンツ
車検 とは?
車検代 の内訳
車検 の検査内容
車検 の種類
車検 選び
車検 の交渉テク
E-mail
車検 とは? 車検代 の内訳 車検 の検査内容 車検 の種類 車検 選び
スポンサードリンク

車検 の検査って何処をみてくれるのでしょう?

 2年に1回、クルマを持っているだけで無条件にやってくる「車検」。 自分でやっている(ユーザー車検)なら知っているでしょうが、ほとんどの方は「任せっぱなし」ではありませんか? これを機会にちょっとだけ「 車検 」の内容について、知っておいて下さい。
 指定工場における 「車検」

 指定工場では、本来、陸運支局(国で)で行う 「検査」を、自分の工場で行うことが出来ます。 つまり、「国に代わって検査を行う」ことが出来るわけです。 ここでひとつ付け加えておくと、この検査基準って指定工場の方が厳しいって知ってます? 本来なら、「同じ基準では?」と、疑問思いますが、指定工場は、国から厳しい認定基準をパスするために、高い検査機器を設備したり、人員(国家資格者)を揃えたりしています。 
 それで、「指定工場」を看板に仕事をしているのですが、万が一、検査基準に満たない車両を「合格」にしてしまい、それが、バレると 「営業停止」等の重い処分が待っています。
 ですから、陸運支局の検査基準より、若干厳しい目の基準を設けて、間違っても「整備不良車」を合格させないようにしているわけです。



 それでは、指定工場における 「車検」の基本的な流れを説明していきます。

   【受け入れ検査】
             ボネットを開けて、車検証のクルマと現物車両が同一かを確認
            エンジンルーム内を確認。(目視で確認できる部品、工具を使わずに外せる部品)
                 (例えば、ファンベルト、エアーエレメント、バッテリー、オイル類)
            外観を確認。(灯火装置等の割れ、ガラスの割れなど)
            足廻りを確認。(タイヤ、ドライブシャフトの損傷チェック)


   【下廻り/エンジンルーム スチーム洗浄】
            洗浄して埃や泥を飛ばすことにより、オイル漏れなどを早期発見出来ます。
            (金額を浮かせる為に交渉によって省略も可能だと思います)


   【エンジンルーム廻り 点検】


   【足廻り / 下廻り 点検】


    この段階で、定期交換部品や消耗品の点検がすべて確認出来ているので、ユーザーに説明。
    交換部品等のご案内〜次回交換等アドバイス。


   【完成検査】 検査員(資格者)が整備記録簿を元に点検項目を確認


   【ライン検査】  サイドスリップ検査
             ブレーキ検査
             スピード検査
             ライト検査
             排気ガス検査


 と、手順は前後する箇所があるかもしれませんが、だいたいこのような流れになっていると思います。


 おすすめスポンサードリンク
車検一括見積もりサービス
ガリバーで車検一括見積り。お近くの車検工場探しから見積り依頼まで簡単に済ませられます。車検攻略の基本です。
shaken.221616.com
 

カンタン約3分のオンライン車査定
車検と決める前に査定をとってみてはいかがですか。本人が思うより高額で買換えのチャンスって事が多いのです。
carview.co.jp

車検 とは? 車検代 の内訳 車検 の検査内容 車検 の種類 車検 選び
HOME | SITE MAP |
Copyright(C)2004 Autonet. All Rights Reserved.
車検 攻略navi