車検 が受けられる場所 ディーラー、モータース、フランチャイズ、ガソリンスタンド、大手カー用品店
車検攻略navi トップページ 車検 の種類 高額査定を狙うなら →
車検の基礎知識
車検 とは?
車検代の内訳
車検 の検査内容
車検 の種類
車検 選び
車検 の交渉テク
E-mail
車検 とは? 車検代の内訳 車検 の検査内容 車検 の種類 車検 選び
スポンサードリンク

車検を受けられる場所はこんなにあります!
 1995年7月の 車検 制度見直しがされてから、色々なところで 車検 が受けられるようになりました。 ここでは、現在あるおもだった「 車検 を受ける事ができる場所」を紹介していきます。
 自動車ディーラー


 車検 というとまず一番最初に思い浮かぶ方は多いのではないでしょうか。 自分のクルマを取り扱っているディーラーのサービス工場で点検整備する車検ですね。なんといってもメーカー系ディーラーは資本が違います。設備、人材(教育)、経験(知識)、どれをとっても他の業者とは比較になりません。

 しかし、ディーラーの車検は高い、と、誤解されている方も多いのはないのでしょうか。最近では「立会い車検」や自分で選ぶ「セレクト車検」なども導入されており、他の業者と同様に格安の車検を受けることも可能になっております。

ディーラー 車検 のメリット/デメリット
 民間 車検 場(モータース)

 あなたの街にも必ずある町工場での 車検 。 ディーラー 車検を「総合病院」とするなら、町工場は地域に密着した「○○医院」といった感じでしょうか。
 ディーラーよりか敷居が低く感じて、「お願いしやすい」って思っている方も多いのではないでしょか。(僕はディーラー上がりなのでよく言われました。(笑))

 設備等の違いで「指定工場」と「認証工場」とに大別されます。(下記参照)

民間 車検 のメリット/デメリット
 フランチャイズ 車検 (FC 車検 )


 個々の整備工場が一つのブランドのもと、どこでも同じサービス内容で 車検 を行ってくれる整備工場です。 ですから、設備等は基本的に町工場と同等です。

 モータースの親近感にディーラーの透明性(料金等)を兼備えた工場と言えます。 メニューが豊富で料金が分かりやすいのが特徴。


フランチャイズ 車検 のメリット/デメリット
 ガソリンスタンド車検(SS車検)

 最近では、 車検 の時期が近づくとガソリンスタンドでも積極的に案内してくれますよね。(僕もガソリンを入れに行って、 車検 時期が近いと必ず案内してくれます(笑)。

 常日頃、通いなれているスタンドですから、気軽にお願い出来ますよね。 お手軽さでいえばナンバーワンでしょう。

 自社工場で 車検 をするところ、と、受付窓口のみで検査はモータースに委託しているケースがあるようです。

SS 車検 のメリット/デメリット
 ユーザー 車検 (代行)




   

 自分で(あるいは代行業者が)自ら点検を行い、陸運支局に直接持ち込んで車検を行うこと。クルマのコンディションが良ければ大幅なコストカットができて格安で車検を済ませることが可能。
 
ただし、検査でNGがあればその箇所を整備してから再度持込んで検査を通す必要であったり、陸運支局は平日しか営業していないので平日に休みがとれて自分でメンテナンスできる方でないと不向き。

 
一番問題なのは、検査をパスした後でも「車検(検査)を通しただけ」でしかないので、その後の安全性や快適性を約束するものではないコトです。
 車検 代行業者には、きちんと整備もしてくれる業者があります。お願いするならそちらが良いでしょう。
ユーザー 車検 のメリット/デメリット
 大手カーショップ

 タイヤ、カーナビ、から洗車用具まで、それこそクルマの関するグッズならほとんど全て揃っているカー用品店(オートバックス、イエローハットなど)。

 もともとドレスアップ等が主力ですから、いろんな装備をつけていて「 車検 が通せるのかどうか不安」って方には向いています。

 SS車検同様、自社工場で 車検 をするる店舗と、整備工場を持たず近くの整備工場と提携して受付窓口として 車検 を請け負う店舗とがあります。

指定工場と認証工場の違い

 「指定工場」と「認証工場」 何が違うの?って思いますよね。両方の工場とも定められた国の基準(工場の設備、人員構成など)を満たしていてクルマの分解整備を行うことが認められた整備工場です。整備内容には違いはありません。
 相違点は検査方法です。


 「指定工場」

 別名「民間車検場」ともいわれ、車検の最終検査(陸運支局で行うライン検査)を陸運支局に代わって行うことができる工場です。
 国から検査を行うことを指定されているので「指定工場」と呼ばれているようです。ですから、当然、設備として高額ですが検査機器(ブレーキテスター、スピードメーターテスター、サイドスリップテスター、ヘッドライトテスターなどなど)を工場内に設備してあります。最終検査まで工場内で行えるので、検査を終えたら必要書類(車検証、指定整備記録簿等)を陸運支局に持込むだけで新しい車検証を発行してくれます。

 「ディーラー車検」「フランチャイズ車検」はほとんどが指定工場です。


 「認証工場」

 法定点検や修理など指定工場と同じく作業できますが、最終検査(保安基準に適合しいているかどうか)は陸運支局に直接持込まなければなりません。ですから、検査に引っ掛ってしまったりすると、再度工場に戻って必要箇所を整備し、また陸運支局に持込むなど手間が掛かることにもなります。
 
 もっとも、陸運支局に何度持込もうが工場側の問題ですから、ユーザーにはあまり関係ないですよね。


 おすすめスポンサードリンク
車検一括見積もりサービス
ガリバーで車検一括見積り。お近くの車検工場探しから見積り依頼まで簡単に済ませられます。車検攻略の基本です。
shaken.221616.com
 

カンタン約3分のオンライン車査定
車検と決める前に査定をとってみてはいかがですか。本人が思うより高額で買換えのチャンスって事が多いのです。
carview.co.jp

車検 とは? 車検代 の内訳 車検 の検査内容 車検 の種類 車検 選び
HOME | SITE MAP |
Copyright(C)2004 Autonet. All Rights Reserved.
車検攻略navi