車検 業者別 メリット/デメリット あなたの 車検 はどのタイプ?
車検攻略navi トップページ あなたに合った 車検 を選ぶ! 高額査定を狙うなら →
車検 コンテンツ
車検 とは?
車検代 の内訳
車検 の検査内容
車検 の種類
車検 選び
車検 の交渉テク
E-mail
車検 とは? 車検代 の内訳 車検 の検査内容 車検 の種類 車検 選び
スポンサードリンク


 あなたに合った 車検 はどれでしょうか?
 いよいよ、あなたが出すべき車検を選びましょう。 とは言っても、これだけ「車検が受けられる場所」が多いとどこにお願いすれば良いのか分かりませんよね。 このページでは、ご紹介してきた色々な車検の特徴を 「メリット」と「デメリット」に分けて解説してまいります。
 
業社 メリット デメリット
ディーラー 車検 ・設備、人材、知識すべて揃っている。
・保証制度がしっかりしている。

接客、技術レベルが平均して高い。
・自社ブランドなら、クルマのウイークポイントを理解しているので的確な整備をうけられる。
万が一故障しても全国の系列会社でフォロー
・分かりやすい料金

・土日祝にも営業しています。
コストが高め!
・他メーカーの経験が少ない 
モータース
(町工場) 
・車種問わず受け入れしているので幅広い知識がある。
・ディーラーより安めの価格設定。
・外からみて、工場の良し悪しの判断が出来ない
・持込、持帰が基本。
・車検項目以外のオーダー対応力は弱い
・設備、経験面等はディーラーに一歩劣る
フランチャイズ車検
 (FC 車検 )
・均一したサービスを受けられます。
・分かりやすい料金

・車種問わず受け入れしているので幅広い知識がある。
・ディーラーより安めの価格設定。
・持込、持帰が基本
・車検項目以外のオーダー対応力は弱い
・設備、経験面等はディーラーに一歩劣る
ガソリンスタンド
(SS 車検 )
・いきつけのスタンドならお手軽度はナンバーワン。
・受付時間が24時間OKなところも...。
・車種問わず受け入れしているので幅広い知識がある。
・ディーラーより安めの価格設定。

・分かりやすい料金
・外からみて、工場の良し悪しの判断が出来ない
・持込、持帰が基本。
・車検項目以外のオーダー対応力は弱い
・設備、経験面等はディーラー、専業者に一歩劣る。
・車検専業者よりさらに規模は小さい。
・車検の経験はやはり少ない事が多い。
・窓口仲介のみのところも...。
ユーザー 車検
コストの安さ No1!
・点検付代行もあります
・検査をパスしても消耗部品の交換なディーラー等でメンテナンスを依頼しなければならない。
・平日に休みがとれて、自分で整備がある程度できないと厳しい...。
大手カー用品店 ・ドレスアップカー等の車検を通すならノウハウがあるので適切なアドバイスが得られる。
・均一したサービスを受けられます。
・分かりやすい料金

・車種問わず受け入れしているので幅広い知識がある。
・ディーラーより安めの価格設定。
・車検の経験はやはり少ない事が多い。
・設備、経験面等はディーラー、専業者に一歩劣る。

・持込、持帰が基本
・車検項目以外のオーダー対応力は弱い
・持込、持帰が基本。
 まとめ

あなたの 車検 は決まりましたか?
 
 掲載したそれぞれのメリット/デメリットは、あくまで一般論を述べたに過ぎません。 


  ディーラーなのに品質が低いコトもあるでしょうし、町工場でとても質の良いサービスを受けられるコトも考えられます。




 車検 の対して何を一番先に考えるべきでしょうか?   それは、「安全」 「安心」 ではないでしょうか


  せっかくの 車検 ですから、最低でも次の 車検 〈点検)までや代替時期までは快適に乗らないと、高いお金を支払う意味がありません。

 だからといって、自分のフトコロ以上の車検を受ける必要もないでしょう。 本来の予算が10万円なのに、借金をしてまで15万円・20万円の車検を受ける必要はないでしょう。

 
肝心なのは、「品質とコストのバランス」 です。 ある程度は、「品質=価格」という図式が成立してしまいますので、品質が高ければコストも高くなってしまいますが、そこは、いろいろな業者があるのですから、うまく選べば良いでしょう。


 信頼度が一番高いのは、やはりディーラー工場です。 その代わり、多少コストUPは否めません。

 コストの安さ なら、ユーザー 車検 に勝るものはありません。 ただし、ある適度の知識〈経験)が必要です。

 その中間点に位置しているのが、モータース(町工場)であり、フランチャイズ 車検 (FC 車 検)となります。

 モータースとFC 車検 は基本的に大きな変わりはありません。 もともと、モータースだったところが後からFC制を取り入れたところも多いですから。 なぜロイヤリティを払ってまでFC制を取り入れるかというと、一つはブランド力を持つことにより信頼度UPをはかることが挙げられます。ディーラーは特にそうですが、ブランドの認知度が高ければ高いほど、ユーザーは安心します。 ディーラーもメーカーとしての責任がありますから、いいかげんな対応はで出来ないわけです。

 ですから、フランチャイズ 車検 は、モータースとディーラーの中間と考えられます。




 【まとめ】


 「安心・安全」を一番に考えるなら、 ディーラー 車検 >FC 車検 =モータース=SS 車検 >ユーザー 車検  


 「金額の安さ」を一番に考えるなら、 ユーザー 車検 >SS 車検 =FC 車検 =モータース>ディーラー 車検  

                                                              という順序になります。

 
※SS 車検 ・FC 車検 は大抵の場合、「点検付 車検 」と「 車検 のみ」つまり、限りなくユーザー車検代行に近い 車検 とがあります。
 
※大手カーショップの 車検 はFC 車検 と同等と考えて下さい。




 最後に、「他のみなさんは何処で車検を済ませているのだろう?」って、気になりませんか? 04年11月に関東ブロック自動車整備振興会連絡協議会が実施した 「 車検 と定期点検についてのアンケート」 を参考までの載せております。 気になる方はどうぞ。


車検 とは? 車検代 の内訳 車検 の検査内容 車検 の種類 車検 選び

HOME | SITE MAP |
Copyright(C)2004 Autonet. All Rights Reserved.
車検攻略navii