車検 は依頼する時期によってもサービスに違いが出てきます。ちょっと注意してみて下さい。
車検攻略navi トップページ車検 を依頼するベストなタイミングは? 高額査定を狙うなら →
車検 コンテンツ
車検 とは?
車検代 の内訳
車検 の検査内容
車検 の種類
車検 選び
車検 の交渉テク
車検 の種類
ディーラー 車検
フランチャイズ 車検
民間 車検
スタンド 車検
ユーザー 車検
PR ディーラー 車検
トヨタ・車検45
日産・マッハプロ
国産ディーラー
トヨタ
トヨペット
トヨタ カローラ
ネッツ トヨタ
日産レッドステージ
日産ブルーステージ
ホンダ プリモ
ホンダ クリオ
ホンダ ベルノ
マツダ
三菱
スバル
ダイハツ
スズキ
E-mail
車検 を依頼するにはタイミングがとても大切

 スポンサード リンク
車検料金を比較するならこちらから
shaken.221616.com  日本最大級の車検一括見積りサービス 、ご希望の車検工場が見つかります。


毎月抽選で60名様に当たる!ホリデー車検!

holiday-fc.co.jp 全国236店舗の実績 「ホリデー車検」  今までの「車検」では、納得できない方にオススメです。


カンタン約3分のオンライン車査定
carview.co.jp 車検と同時にあなたの愛車の価値を知っておきませんか? 思わぬ高額に驚くかもしれません。 “クルマは資産です”買換えのチャンスかもしれません。

もし、月々の保険料を5,000円抑えると、年間6万円も貯まる!
hoken1616.com 最大11社の保険会社から見積りがとれます。もちろん無料です。代理店の言うとおりにしていると大損しているかもしれません。


 車検 は2年に1度しかやらない大事な愛車の健康診断。出費も決して安くはありません。

 同じ車検をするのであれば 「安心」 「安全」はもちろん、 「丁寧」 にいたわりをもって見てもらうに限ります。

 それにはちょっとした工夫が必要なのをご存知ですか?

 車検は同じ金額でも出すタイミングによっては内容にはっきりとした差が出ます。 

 ここでは、どのタイミングで 車検 を出すのが良いか を伝授します。

その 1 月末より月初に入庫させる

 車検満了日ってほとんどのクルマが月末に集中しています。 ほとんどのユーザーは「車検は切れる寸前に出せばイイや」と思っています。

 業者における車検の消化スケジュールって二極化していまして、「月初はヒマヒマ、月末はオーバーフロー」です。 月初はゆとりがあるので1台につき十分な時間を掛けて検査が可能ですが、月末に入庫した場合には極端なケースだと月初の1/4程度の時間しか掛けられないなんてこともザラです。

 同じ金額を払うなら、月初に車検を出したほうが丁寧な車検が受けられます。

その 2 週初、週末より週中に入庫させる

 
一週間のスケジュールで車検を見た場合、土日の休日に車検を依頼するケースが多い。 これはユーザーが休日に持ち込むからですが、その次に多いのが月曜日。 ユーザーの心理を考えた場合、月曜日に車検を出しておけば1〜2日車検の完成が延びたとしても週末にはクルマが使えるだろう、と考えるからだと思われます。

 1週間を考えた場合、お得な車検を受けるなら 水・木・金 がおすすめです。

その 3 休日の車検は「両刃の剣」

 整備工場は今や休日営業は当たり前。平日に仕事や通勤で使っている方や休みの日にしかクルマを持ってこれないユーザーにはとても便利です。

 でも、正直にいうならサービスの充実度はまだまだ不十分なのが実情。

 まず一つが部品供給の問題。 工場は通常営業でも部品メーカーは休みのケースが多く、在庫していない部品が必要な場合には作業が中断されてしまうことも予測されます。

 それともう一点が車検証の問題。 休日に車検を終えても新しい車検証や車検ステッカーは陸運支局に書類を持ち込まないと発行されません(認証工場の場合)。 後日、車検証やステッカーを受け取りに行く手間が発生します。

その 4 なるべく2日くらいは預けるようにする

 最近では「1日車検」はもとより、「45分車検」など早い時間で車検を完了してくれるサービスが充実してきました。 普段、時間が取れない人には有効なサービスだと思います。

 はじめての車検や普段からメンテナンスの行き届いたクルマの車検なら心配ないのですが、それ以外のクルマではせめて2日間くらいは預けるのがベストです。
 車検は追加整備の発生したり、その部品が間に合わないなどイレギュラーに時間がかかることも珍しくありません。

 時間を厳守させるがあまり 後日再入庫 となっては意味がありません。


整備事業者の知られざる現状!

一般にはあまり知られておりませんが、車検は月末に集中します。

比率で言うなら、1:3 くらいでしょうか。

月初の1週間で10台程度の入庫だとしたら、月末の1週間は30台くらい入庫してくるイメージです。

もちろん、業者だって入庫を平準化させようと試みておりますが、コントロール出来ていないのが現状です。
 なぜ、そんなに入庫が偏るかというと、販売システムに問題があるからです。

新車を購入したときを思い出して頂くと分かるのですが、ディーラーでは販売台数を登録ベースでカウントします。 つまり、新車を購入して頂いても、登録が完了していないと販売実績として評価されないのです。ですから、ディーラーはなんとか当月実績に出来るように、あらゆる手を尽くして当月登録出来るように仕掛けをしてきます。

 結果、月末の数日間に登録されるクルマが激増し、3年後に迎える車検時期も月末に集中する結果となっています。


わたしも工場長をしていた時期に、なんとか“平準化”しようと月初入庫割引や特典を設けたりとトライしてみましたが、ある程度の効果は出せるものの、月末の台数を多少緩和する程度しか成果が上がりませんでした。

番外編 クルマを持込まずに相見積り

 新車がそうであるように、車検だって数社から見積りを取るのが当たり前。

 そこで便利なのが →  車検一括見積もりサービス

 ご近所の工場探しから、見積りまでを無料で出来てしまいます。

 ガリバー

日本最大級の車検一括見積りサービス
Web上で手軽に車検の一括見積もりをご依頼頂くだけで、最大30社からメールで結果をお知らせ!
全国を網羅する1,800拠点のネットワークから、あなたのご希望に合わせた車検工場が選べます。

車検1616
見積り無料
【車検一括見積り】車検料金・車検費用
簡単10分自動車保険一括見積りサービス
Web上で手軽に自動車保険の一括見積もりをご依頼頂くだけで、11社に見積り依頼が可能!
大手国内損保からダイレクト系損保まで、「安心」で「納得価格」あなたに合った保険が選べます。
保険1616
見積り無料
【自動車保険】自動車保険比較は保険イロイロ
クルマ買取りサービス
Web上で手軽にあなたの愛車の価格が分かります。
買取実績No1のガリバーなら安心・納得・スピーディーに高価に売却できます。
査定1616
見積り無料

HOME | SITE MAP |
Copyright(C)2004 Autonet. All Rights Reserved.